資料請求
0120-5959-40
2018冬期講習
  1. ホーム
  2. 2018冬期講習
  • 冬期講習トップ
  • 高1生対冬期講習講座
  • 高3生・高卒生 冬期講習・直前講習



合格者の声高3生・高卒生のみなさんへ

入試も目前、この冬、最後の正念場。
合格者からのメッセージ!

  • 早稲田大学文学部
    大﨑 眞子さん(小金高校)
    成績が思うように伸びなかったり、周りから何か言われたりしても動じないくらい強い気持ちで最後までがんばってください。毎日ワセヨビに来て自習室で勉強することで、これだけ勉強した、という自信がつきました。毎日継続して行うことが一番大事だとわかりました。
  • 早稲田大学法学部
    豊福 栞理さん(久留米信愛女学院高校)
    政治・経済の細木原先生のプリントは、政経の基礎中の基礎+とても細かい情報で構成されており、受験直前にざっと復習したい時に本当に役に立ちました。センター試験が終わってから2月10日までの間に2回、政経を復習しました。
  • 早稲田大学商学部
    宮本 太朗さん(広島井口高校)
    好きな言葉に「あきらめきれぬなら、あきらめることをあきらめる。あきらめきれぬことがあるのは、きっといいことだ。」という言葉があります。早稲田は難しい。何度もくじけそうになったとき、僕はこの言葉を口ずさみ、なんとか合格までたどりつきました。
  • 早稲田大学社会科学部
    柴田 侑季さん(國學院大學栃木高校)
    苦手科目から逃げないようにしました。苦手な英語だけの時間を毎日必ずつくり、自分と闘っていました。また、勉強中は、ただひたすら机から離れないようにしました。トイレ以外は絶対机から離れないと決めて勉強することで、かなりの集中力が得られました。
  • 早稲田大学教育学部
    野本 あきらさん(洛南高校)
    毎日勉強漬けで、精神的にも辛いこともある1年だけど、1つの目標に向かって努力して、自分と向き合うことのできる貴重な1年でもあります。合格して家族、友達、先生が喜んでくれた時、この1年本当に頑張って良かった!かけがえのない1年だった!と思えます。
  • 早稲田大学教育学部
    山下 大輔さん(芝高校)
    早稲田の入試では、日本史の小守先生の授業で配られる補助教材『日本史 早稲田のツボ』から、めちゃめちゃ出題されました! MARCHに落ちても早稲田に合格することは、ふつうに起こります。最後まで、「絶対志望校に合格する!」という気持ちを持って頑張って下さい!
  • 早稲田大学教育学部
    志村 光さん(武蔵野北高校)
    サッカー部を引退した高3の5月から受験勉強を始めましたが、本当にやる気が出たのは2学期頃。段々と加速してきた感じ。始める時期は人によると思うが、進級や部活の引退などの節目でしっかりと切り替えましょう。受験は辛抱ですが、良い結果はついてきます。
  • 明治大学国際日本学部
    清水 麗良さん(国府台女子学院高校)
    成績が思うように伸びなかったり、周りの子の大学がどんどん決まっていったり、受験勉強って辛いことの方が多いよね。だけどそこで立ち止まっていては意味がないし、不安は勉強することでしか消えません。あともう少し自分を信じて頑張って下さい!!!
  • 立教大学文学部
    上谷 百花さん(江戸川女子高校)
    私立大学を志望していたので、センター試験はあまり気にせず、一般入試で自分の力を出しきれるように勉強を進めました。日本史では、教科書を読んで流れを一通り確認した後、一問一答や史料集で細かい部分を定着させてから、赤本を解いてみるとだいぶ達成感がありました。

合格者の声高2生・高1生のみなさんへ

そろそろ準備、この冬踏み出そう。
先輩方からのメッセージ!

  • 早稲田大学文化構想学部
    生方 千尋さん(薬園台高校)
    ワセヨビの授業は遅めの時間にあり、部活が終わった後でも無理なく行けたので、部活動と受験の両立もあまり大変ではなかったです。映像ではなくライブ授業であることによって、授業に参加しているという実感が持てて、一回一回の授業に身が入りました。
  • 早稲田大学社会科学部
    大森 吉也さん(国府台高校)
    受験を意識し始めたのは2年生の冬ごろで、ワセヨビに入会しました。「受験勉強」を始めるのは自分と同じくらいで遅くないと思いますが、受験勉強に向けての「土台作りの勉強」は1年生からコツコツやっておくべきです。ワセヨビ最高!!
  • 明治大学情報コミュニケーション学部
    森 新奈さん(市立稲毛高校)
    今は全然志望校に受かりそうでなくても、ワセヨビで授業をしっかり受ければ合格できます!先生との距離が近く、理解度をはかりながら授業してくださるのでとてもわかりやすかったです。勉強の仕方、大学の情報も教えてくださり、ためになりました。
  • 青山学院大学法学部
    林 七彩さん(小金高校)
    受験勉強を始めたのは高2の冬からです。高2の夏期講習にも参加していましたが、ワセヨビに入会したのは高2の1月から。高2の秋くらいから勉強は始めるべきだと思いました。英語は、高2のうちは英単語と英文法を重点に勉強しました。
  • 千葉大学工学部
    中山 玲偉さん(八千代高校)
    ワセヨビは少人数制なので、先生と生徒の距離がとても近い。授業をしている先生とここまで距離の近い予備校はないと思う。勉強は、色々な参考書に手をつけるより、自分でこれと決めた参考書や授業のプリントを繰り返しやることが大切です。
  • 東京理科大学工学部
    木村 雄太さん(日本大学第二高校)
    ワセヨビには高2の4月に入会しましたが、本格的に勉強を始めたのは高2の冬休み頃から少しずつです。苦手な教科は早いうちから始めた方がいいと思います。ワセヨビに入会して、質問がしやすい環境だったことが、とても良かったです。
  • 青山学院大学総合文化政策学部
    石井 沙季さん(山脇学園高校)
    私はほぼ毎日バレー部があったので、半日で終わる日は残りの時間に優先順位をつけて、ALLの日は昼や帰宅時間を使って、暗記物を集中してやっていました。部活をやっている人は、すき間時間を上手く使うことが出来れば、部活引退後にどんどん力が伸びると思います。
  • 青山学院大学経営学部
    吉井 歩さん(水戸第三高校)
    高2の夏頃にワセヨビに入って自分のレベルの低さを知り、焦り始めて受験勉強をしだしたのを覚えています。受験を終えた今思うと、その時の自分に感謝しています(笑)。正直、もう受験は二度としたくないけれど(笑)、ワセヨビと離れるのはちょっぴり淋しいです。
  • 中央大学経済学部
    中﨑 百香さん(水戸第三高校)
    高校の先輩の体験記をパンフレットで見たのがきっかけ で、ワセヨビに入会しました。部活と勉強の両立で、部活の なぎなたを辞めようと何度も思いましたが、続けてよかっ たと思います。メンタル面を部活で鍛えることができたの で、それを受験期に活かすことができました。
ホーム