2浪して早稲田合格をつかんだ“T先輩”から受験生への激励コメント。頭が悪くても自分に厳しくやることやれば受かります。

センター試験

 センター試験と聞くと、現役時代のことを思い出す。

現役で受けたセンター試験の結果は、

・英語66/200

・リスニング22/50

・国語55/200←(評論文と小説だけで80分かけた挙句、解き終わらなかった。)

・数学45/200 悲惨な結果だった。

まぁ、勉強をほぼしたことが無い状態で受けたのだから仕方がないだろう、と開き直っていた。

このころに、少しだけ危機感をもって勉強を始めたが、一般受験で受かる大学はなかった。今思えば、よく浪人しようと考えたと思う。普通の人間なら大学進学を諦めるはずだ。

この時私は何を思ったのか、「人生を劇的に変えてみたい」という好奇心を抱いた。その好奇心だけに突き動かされ、浪人を決意した自分は、はたから見れば頭がおかしかっただろう。そのうえ、受験科目を数学から日本史に変えて受験勉強を始めたのだ。

そんな自分でも、早稲田に行けた。努力は裏切らなかった。早稲田大学に進学して何かが変わったわけではなかったが、浪人時代の経験が、私のすべてを変えたのだった。今浪人している人は、今、その自分が変わりつつある時だ。どれだけのことをできたかで、未来の自分が変わる。悔いが残らないように、未来に新しい輝いた自分がいることを信じて、進んでほしい。