資料請求
0120-5959-40
合格体験記
  1. ホーム
  2. 合格体験記一覧
  3. 体験記
  • 2019年 合格体験記
  • 2018年 合格体験記
  • 2017年 合格体験記
  • 2016年 合格体験記

校舎案内

  • 東京本校オリジナルHP
  • 西船橋校
  • 水戸校オリジナルHP
校舎ブログ

  • 学生寮のご案内
  • 大学進学情報
  • プライバシーポリシー
  • 採用情報
ワセヨビ資料請求
早稲田大学 国際教養学部合格者の合格体験記

 さん
出身校 市立稲毛高校
合格大学 早稲田大学 国際教養学部
 
——いつ頃から受験を意識し、いつ頃から受験勉強を始めましたか。
中高一貫校に通っていたので、大学受験は中学生の頃から意識していました。漠然と国際系に進みたいと思っていたので、高1の11月にワセヨビに入会し、英語のみ授業を取り始めました。本格的に勉強を始めたのは高2の夏から。遅くても高2の冬には勉強を始めるべきだと思います。

——部活動と受験の両立はどのようにしましたか。
部活動で授業に行けない日もありましたが、映像復習システムを後で見ることができるので、授業についていくことができました。特に、高3の1学期は学校行事が忙しかったので映像をフル活用しました。また、行き帰りの電車や食事の時間などを活用して勉強するようにしていました。

——授業はいかがでしたか。
毎回緊張感をもって取り組むことができるのがライブ授業の最大の利点だと思います。また、すぐに先生に質問しに行けるので疑問をその場で解消することができ、良かったです。少人数制なので先生が1人1人のことをしっかりと見てくれていたのも良い点だと思いました。

——自習室はいかがでしたか。
特に夏休みは開館から閉館まで利用していました。いつ行っても頑張っている仲間がいるから、「自分も頑張らなくちゃ!」という気持ちになれました。机は広く、荷物もたくさん置けるので、非常に快適に過ごせました。

——サポート体制はいかがでしたか。
アドバイザーがどんな些細な悩みでも親身になって聞いてくださったり、勉強の合間にお話ししたりと心の支えとなっていました。推薦入試時には特に、色々な面でサポートして下さり、非常に助かりました。

——あなたの弱点克服方法を教えてください。
現代文・古文が苦手でしたが、国語の笹岡先生の言う通り学習を進めました。毎日必ず予備校の「合格システム」を解き、スキマ時間には笹岡先生の『論点ノート』に目を通して、苦手意識をなくしていきました。

——予備校に通って得たものはありますか。
互いに高めあっていける仲間です。早稲田志望の生徒も多く、同じ目標に向かって頑張っているのが感じられ、「自分も頑張ろう」と思えました。

——後輩に向けて一言お願いします。
推薦入試を考えていたとしても、絶対に一般入試に向けての勉強は必要!学校の勉強との両立は大変だけれど、気をゆるめずに頑張って下さい。

戻る